年金納付---特許料や商標登録料の納付手続
年金納付は、取得済みの知的財産権を維持するために、決められた期間内に所定の実用新案、意匠登録などの登録料や特許料を納める手続きです。なお厚生年金や国民年金と同じ年金という用語を使用していますが、全くの業界用語です。商標の場合には、初回の登録の際や十年後ごとの更新の際に登録料を払う必要が生じます。 このような登録料や特許料については、納付期限が近づいていても特許庁からお知らせがある訳ではなく、権利者が不注意で大切な権利を無くしてしまうこともしばしば発生します。 ジュリスプラスでは、独自のデータベースを構築しており、期限前の書面による確実なお知らせや電子メールでの通知も可能です。

特許や商標の管理をする者がいなくなって誰も事情が分からなくなってしまっている場合や、複数の特許事務所に依頼して管理がよく分からない状態になっている場合など、 大きな問題の発生する前に一度ご連絡いただければ、原則的に無料で権利状況の調査も致します。


有限会社ジュリスプラス
〒135-8071
東京都江東区有明3-1 TFTビル東館3F
TEL 03-3599-7399 FAX 03-3528-3210
Email: info@jurisplus.co.jp
Copyright(c), all right reserved.