米国訴訟資料の概要
特許権侵害であるとの警告状が来てから対応を開始する場合では、後手に回ることもあり戦略的に不利な立場に置かれる可能性もあります。ひとたび訴訟になった場合では侵害・非侵害の判断、設計変更や交渉の可能性など簡単には舵取りができない場合が発生します。また、同業の他社が訴訟に巻き込まれている時点で対岸の火事と考えずに十分に対策を検討するのが的確な予防となります。

当社が提供する米国訴訟資料は、主にアメリカでの特許、商標、その他の知的財産権訴訟を中心に、そのドケットシート(Docket Sheet)、訴状(Complaint)、答弁書(Answer)、反訴状(counterclaim)などの書類を取り寄せ、訴訟の争点、当事者の論点などの情報を依頼者の方に届けるサービスです。

特に事前の会員登録などは必要ございません。企業、実務家、特許事務所、法律事務所の方だけでなく、どなたでも必要な時に必要なだけ御利用可能です。初めての方には特にサポート致しますので、お気軽に問い合わせ下さい。



有限会社ジュリスプラス
〒135-8071
東京都江東区有明3-1 TFTビル東館3F
TEL 03-3599-7399 FAX 03-3528-3210
Email: info@jurisplus.co.jp
Copyright(c), all right reserved.