特許調査
特許権は独占権ですが、特許権を取得する場合、特許権を無効にする場合、特許権を行使する場合などそれぞれで特許権そのものの強さは先行する技術文献との比較で決定されます。既に特許されていても新たな先行技術の発見により、無効とされることがあり、審査請求によって特許査定が得られるか否かは出願日より前の出願日の特許出願や実用新案登録出願に どれだけ近い技術が記載されているかに依存します。

特許調査は、特許の無効資料を探したり、出願前や審査請求前に発明が特許されるかどうかをある程度予測するために行います。特許調査は目的や予算にに応じて調査範囲を変えて行われるものであり、その調査対象も特許公開公報に限らず、実用新案公報や外国特許文献を検索して、所定の報告書を作成する場合があります。



有限会社ジュリスプラス
〒135-8071
東京都江東区有明3-1 TFTビル東館3F
TEL 03-3599-7399 FAX 03-3528-3210
Email: info@jurisplus.co.jp
Copyright(c), all right reserved.